総桐の組子ベッドは布団が敷け、布団もサラサラ

組子を床材とした桐ベッドで、見た目の美しさもさることながら、従来にはない寝心地感を実現し、心地よい眠りを誘います。お休みになる際には、布団のほか、毛布、ゴザ等、お好きなものを使用することができます。桐からの遠赤外線やマイナスイオンは木炭よりも多く、健康志向のお客様にとっても有効な製品となっています。また、組子と布団の接地する部分が少なくいので布団がカビにくいという効果もあります (特許 第4044948号)


詳しくは、http://kumikobed.com/

九州一の桐たんす専門
店舗アクセス

■営業時間/9:00~18:00
■定休日(年中無休)
■駐車 約30台

(株)総桐箪笥和光
〒830-0424 福岡県
三潴郡大木町三八松1048
TEL:0944-33-1421
FAX:0944-33-1423
http://tansu.com/

<社長>

<専務>

<ショールーム>
担当:千香子