手間かかる柾目取り

当社の桐材は製材に4倍手間取る、柾目取りです。桐材を原木(丸太)で仕入れる場合、製材の仕方によって、柾目取り、板目取りの2つの方法があります。 柾目取りにすると、木目は直線になります。 板目取りにするとは、木目がタケノコ模様になります。板目の製材方法は、丸太を片側から、製材していきます。 柾目の製材方法は複雑で、まず丸太を半分に製材します。それをさらに半分に製材します。この方法を、業界では"ミカン割り"ともいいます。 1/4になった材を、△状態に起こして、さらに製材していきます。こうやって、やっと柾目の板ができます。板目の製材より4倍程コスト高になります。 当社では、すべて柾目取りにて製材しています。 なぜ、そのような方法をとるかと言えば、柾目の方が板目より、反り、収縮等の 材の狂いが少ないからです

 

 

 

 

柾目を作るには、通常の製材の4倍手間がいります。
まず、半分に製材します

 

 

 

 

製材したものを、さらに半分に

(こういう割り方を、ミカン割りといいます)

 

 

 

そして、材を、△状態に起こして、

さらに、製材していきます。

こうやって、柾目の板ができます


このように、木目が直線になっていることを
柾目(まさめ)といいます。

 

なぜ、わざわざ手間のかかる柾目にするかと言えば、
材の狂いが少なくなるからです。

 

当社の製品は、棚板等も含め、すべて柾目材を用いています。





柾目だけを貼りあわせたところ。

接着剤もノンホルマリンのものを使用してます

九州一の桐たんす専門
店舗アクセス

■営業時間/9:00~18:00
■定休日(年中無休)
■駐車 約30台

(株)総桐箪笥和光
〒830-0424 福岡県
三潴郡大木町三八松1048
TEL:0944-33-1421
FAX:0944-33-1423
http://tansu.com/

<社長>
<専務>
<ショールーム>
担当:千香子