伝統的桐たんす

あこがれの桐たんす。 ご婚礼でしょうか?、それとも、着物がたくさんになったからでしょうか?それとも、あなたの形見にでしょうか?

 

ご婚礼で、桐たんすをご検討中でしたら、あなたは良縁に恵まれたということになります。おめでとうございます。桐たんすは、他のどんなたんすより、先様には喜ばれます。それは、日本の伝統、和家具の最高峰ということを、どなたでもご存じだからです。

 

着物をお持ちでいらっしゃる方は、おそらく、、通販の桐箱とか、整理たんすを、お試しになられたのではないかと思います。それらは一時保管にはよろしいかとは思いますが長期間の保存には、やはり疑問をお持ちになったのではないかと思います。当社の総桐の本物とは、やはり違いがございます。

 

形見という方もいらっしゃるでしょう。お金(現金)というものは変幻自在に、ものに移り変わり、結局、形として残らない。自分の形見、また、自分の分身として、何か形に残す、子供達、また、孫が桐たんすを見て、 自分を思い出してもらうというのも、いいのではないでしょうか?

 

桐という文字は、「木」と「同」と書くように草の仲間です。草の細胞は 独立気泡体といって、細胞の一個一個が膜で仕切られています。プールで使うビート板みたいなものです。桐材も同じなんです。これで、水の侵入も少なく腐りにくく、冬でも暖かく感じることができます

 

桐たんすの引出は、湿気の多い時は引出が若干固くなり、乾いた気候になると引出が軽くなるようになっています。これにより、引出内部の着物を湿気から守る構造になってます

 

また、桐はアルカリ性質ですので、虫が付きにくく、さらに、発火点も高く、燃えにくい材です。 桐たんすは高い、と思われている方もいらっしゃるかと思いますが、 お持ちになっている着物一枚分程度です。わずか一枚分で安心と満足が買えます。

九州一の桐たんす専門
店舗アクセス

■営業時間/9:00~18:00
■定休日(年中無休)
■駐車 約30台

(株)総桐箪笥和光
〒830-0424 福岡県
三潴郡大木町三八松1048
TEL:0944-33-1421
FAX:0944-33-1423
http://tansu.com/

<社長>
<専務>
<ショールーム>
担当:千香子