会社紹介

社歴
1962年11月1日 和光木彫工芸社としてスタート
(先代会長は彫刻家でもありました)
1977年03月 桐箪笥製造始める
1981年04月 大阪にて、全優良家具仕入大会理事長賞受賞
1986年04月 個人企業から法人、(有)総桐箪笥和光に
1987年11月 新社屋及びショールーム完成
1989年07月 名古屋にて、名古屋通商産業賞受賞
1993年01月 京都西本願寺桐箪笥奉納
1995年05月 韓国の家具メーカー見学来社
1995年12月 木工メーカー国内初のホームページ開設
1996年10月 華胥の夢博にて田ノ上嘉作賞受賞(BOTAN)
1998年10月 華胥の夢博にて審査員特別賞受賞(Piller)
2000年10月 華胥の夢博にて審査員特別賞受賞(RiLL)
2001年04月 (有)から(株)に、組織変更
2001年10月 桐たんすの表面特殊加工で、
          実用新案登録 3079332号
2002年10月 華胥の夢博にて審査員特別賞受賞(江戸)
2005年10月

組子ベッドW受賞
・華胥の夢博にて審査員特別賞受賞
・大川住まい創造展
  福岡県家具組合理事長賞受賞

2007年12月 組子ベッドが特許に 特許 第4044948号
2011年04月 組子ベッド、中小企業長官賞受賞
2014年06月 木工NC導入
2016年05月 夢楽Ⅱ発表
■社歴を語る■
創業当時の顔ぶれ(昭和37年)

…………………………………
|●社歴を語る●|長文です
…………………………………

会社の歴史を紹介します。まず"和光"という社名は、おやじが、 東京銀座に行って
”和光"を 見、 あのように高級品を扱って、 お客さまが来てくれるようにな りたい、
というところから付けたと聞いてます。

また、この"和光"は、国語辞典にも載ってますがおだやかな威光、なごやかな光とあり、
ギラギラした光では ありません。そういう意味でも気に入ったようです。
マークは、おやじのデザイン。社名フォントの[和光]は、おふくろと私 のオリジナルデザインです。

おやじは、佐世保生まれで佐世保育ち。夜間高校に通いながら、建具屋に勤め
その時に、のみを使うことから、木彫に目覚めたとい うことでした。
どこぞの彫刻家の弟子になることもなく、我流といえば我流。作品は抽象的なものは
少なく、写実的、特に人物の彫刻に熱心だったと思う。
晩年 は、仏像と裸婦の彫刻が主でしたが、神社に奉納したものもあり、
神様から仏様まで彫った人は、そう、ざらにはいないと思う。

そういう、おやじだったので、 軍隊から帰ってきてから、木彫をやりたいと意志は
さらに強くなり、佐世保からおふくろと、福岡県大川市に。大川が家具の産地で
あったこともあり、生計を立 てる地としたらしい。

しかし、心ざした木彫だけでは生計は苦しく、おふくろが会社を起こすこととなる。
和光木彫工芸社の誕生である(1962年/昭和37 年)。社長がおふくろ。
会長としておやじ。知らない人は、おふくろは後家さんと思っていた人もいた。
この、おふくろ、のちに「大川の女傑」と言わ れるまでになった。

それまでも、たんすの部品として、リレーフ(浅彫の彫刻)等の下請けはやっていた
ようですが、婚礼時期の春と秋に注文が殺到するものだ から、その人数は確保。
しかし、冬と夏は暇となる。それで、冬と夏だけは、雑誌入れとか吊棚を作るよう
になった。もちろん彫刻入り。知らない土地での無一 文からのスタートだけに、
相当の苦労だったに違いない。朝、床に入っている時から、今日の仕事の段取りを
二人で言い合っている。それが、一息済んでから起床となる。
私はそれで目覚めていたことを覚えてます。

借金経営が続くも、会社は次第に大きくなり、一番多いときで50名という大所帯。
製品 も欅民芸の小物 作りが増えてました。彫刻するおやじは、材料には業者も
びっくりするほど詳しく、また建具で培った腕で、ずばらしい製品を次々と出した。

でも、製品がいく ら素晴らしくとも、売れないことには苦しくなる。市場無視、ここが
芸術家というところだろう。そうこうしていたら、そのころトータル家具というものが
流行って、たんすは無論のこと、下駄箱、鏡台、飾り棚、ちり入れまで、
全部で15点セットというものもあらわれ出し、婚礼家具のメーカーさんから、
小物を うっとこの製品と揃いで作ってもらえないだろうか?と相談があった。

(私は、ここら辺から高校卒業後すぐに仕事を手伝うようになった)友人ということも
あって引き受ける。これが、その後箪笥を作るきっかけとなることは、私は予想だに
しなかった。小物にオリジナルのものができた。なんとおやじは、それに合 わせて箪笥を
作ってくれと小物を発注した友人に。それも和たんす、昇たんす、洋たんすの各1本づつ。

しかも、それ作り方のノウハウまでも。私は、先方の工 場に何度も足を運んで、
内部構造まで教えてもらった。もちろん、当時いた職人もです。当時は、小物を作る
だけの機械、スペースしかなかったので、大型のた んすを作るのはたいへん骨がおれた。
自社ブランドの欅のたんすが完成した。また、欅の飾り棚もよく売れた。
私も数点デザインをして好評を得た。この勢い で、工場2箇所、事務所と、
バラバラにあったものを現在のところに一所にすることになった。(1973年/昭和48年)

しかし、いままでの場所からだいぶ 離れた為、残った社員は、私含め5名ほど。
急募して15名ほどにはなったが、ズブの素人ばかり。私が会社に入って一年目の
ことであった。とにかく、やるし かない。でも、機械も新型が据わったこともあり、
はかどらない。新米の私がズブの指導もせにゃならない。そうこうしていると、
欅飾り棚の大量発注を受け た。1年あまりは、生産生産で追われ、かなりな売上げも
記録した。これなら、すぐ借金も返せる、そう思った。

ところが、素人集団で作ったできの悪さとオイ ルショックのWパンチで発注が、
さっぱり来なくなった。それも、卸屋、一箇所だけに出荷していたので打撃も大きい。
「大川にないものを作ろう」と、おやじ は常日頃から言っていた。
それで、当時は無かった桐たんすを始めることとなった。

しかし、これも手探り。販路は一箇所に大量に降ろすのではなく、危険分散 の為、
家具店に直となった。この時に、おふくろは、「桐たんすのブームを作りだす」と
言明するほど意気込んだ。家具としては最高技術のいるものであり、木 工業としては
行き着くところに行き着いてこれ以上も、これ以下もない、
これを作るんだ!売るんだ!と言ってました。

おやじは60才過ぎてましたが、私らと、トラックで九州、四国、中国と各家具店、
つぶさに回りました。幸いなことは、南九州では当時、東京の桐たんす屋が倒産して、
どこの家具店も困ってまし た。南九州はたちどころに、私らの製品が席巻しました。

当時は、高速道路などなく、販路拡大は至難なことでありました。桐たんすにも、
一部に彫刻を入れて ました。しかし、回った家具店の評判は悪く彫刻入りは次第に
無くなっていきました。それから数年すぎ。工場内の一部をショールームに改装。

それまでも、一 部のお客様は倉庫でいいから、製品見せてくれと来社してありました。
それが、次第に多くなり、ゴミをかぶったビニールを上げてでは、あまりに失礼と、
営業 担当だった弟とおふくろが発案。私は工場での生産が主でしたから、
製品を置く場所がさらに狭くなるので、あまり気乗りはしなかった。

しかし、このショー ルームはヒットで、おふくろの「桐たんすのブームを作りだす」が
軌道に乗りだした。桐たんすだけになって、社名に木彫は、おかしいのではと、
社名を変更。 家具では最高峰、これ以上も以下もない。
そのものずばり"総桐箪笥和光"とすることとなり、個人から法人に。
有限会社総桐箪笥和光と1986年(昭和61 年)になりました。

私自身は、工場の生産、営業と回され、その頃は、経理を携わってました。
経営参謀役として、このころから、社長の補佐が主となってまし た。
翌1987年(昭和62年)に、自宅と工場内にあったショールームを新築。

それまでの自宅は、誰が見たって倉庫にしか見えないもの、ここが自宅とは
思 わなかった人もいた。自宅を新築するのに、おやじ、おふくろは、
瓦の屋根が希望だったが、1階事務所、2階ショールーム、3階自宅とすると、
どうしてもビ ル式となり思いとどまってもらった。

自宅とショールームが一所なのは、365日営業ができること、また、工場も隣で、
私らとしては理想的となった。 1989年(平成元年)おやじ他界。
1991年(平成三年)おふくろ他界。バブルはじけて大不況。家具業界は大嵐。
しかし、私が社長になって10年目。な んとか荒波を越えて、平成13年4月2日に、
組織変更して、”株式会社”になるのも皆様のごひいきのお陰、
また、先代のお陰と感謝するばかり。桐製品を通 じを、皆様に喜んでいただけるよう、
製品作りに勤めるつもりです。"株式会社総桐箪笥和光"を、よろしくお願い致します。

おやじ(会長)・・・平成元年没
おふくろ(社長)・・・平成3年没

創業当時作っていた
木彫のマガジンラック

木彫の鏡
木彫の鏡
木彫のつり棚
木彫の姿見
木彫のドレッサー
ケヤキのサイドボード
ケヤキのテーブル
ケヤキの茶室セット
組立式で、ハワイにも一部出荷
していたもの。

ケヤキの茶棚

ケヤキの婚礼セット。

中央のタンスが、
当社の第一号のタンス

初期の桐たんすには
彫刻入りでした

代表取締役・加島清治

よろしくお願い致します
(プロフィール)

九州一の桐たんす専門
店舗アクセス

■営業時間/9:00~18:00
■定休日(年中無休)
■駐車 約30台

(株)総桐箪笥和光
〒830-0424 福岡県
三潴郡大木町三八松1048
TEL:0944-33-1421
FAX:0944-33-1423
http://tansu.com/

<社長>
<専務>
<ショールーム>
担当:千香子